読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kawasakiのバイク欲しい

バイクが欲しい。ただそれだけ。

はじめの一歩は右足から。

 このタイトル何だか素敵な物語が始まりそうな書き方じゃないですか?いえいえとんでもないですタダの愚痴です。

 

 そうです私は歩き出す時にいつも右足から歩き出すのです。皆さんは自分が歩き出す時に先に踏み出す足が分かりますか?実は私も最近までそんな事知りませんでした。では何故果たしは自分のいつも先に踏み出す方の足を知る事が出来たのでしょうか。

 

 私は革のエンジニアブーツを持っています。革製品はすぐに傷が付いてしまうのでブーツを履く時は出来るだけ余計な傷を付けない様に心掛けています。ブーツが傷ついて1番イラッと来る時は見ず知らずの他人に踵を踏んづけられた時です。何故私の大切なブーツは見ず知らずの二度と合う事の無い知らないやろうに踏んづけられて傷ついてしまうのでしょうか。

 

 それはですね、私が満員電車に乗っているからです。都会の満員電車は異常です。それまでの私には想像もつかなかったのですが、都会の通勤時間帯の電車は1分未満に次の電車が来るのです。すごくないですか?にも関わらず電車は毎日遅れ、毎日缶詰状態、一本見逃して次の電車に乗った方がスムーズなのにどう見ても乗れない電車に突っ込む馬鹿がいて、そんなこんなで都会の通勤ラッシュは異常なのです。

 

 駅に着くと人が雪崩の様に押し出されます。ここでようやく本題に入ります。はい。もうね朝の電車で理性を失い自我さえもあるのかどうか分からない人々が降りだすので大変ですよ。押すんです。とにかく押すんです。前に人が居ようが居まいが関係なく。私だって今前の人が降りるのを待っているんです。それなのに後ろから押されて。。。ウワッ!!踵踏まれた!!おいふざけんなよ。。。まるで信号が赤で前の車も進んでないのに急に走り出すアホ運転手みたいな事は勘弁してれくれよ。。。

 

 アホウの所為でまたブーツに傷が付いちゃったよ。。。今度磨いてあげるからね。。。

 

 そして今日靴を磨いていました。すると凄い事が判明しました!!踵の傷が左足にしか付いていないのです。思い出してみれば確かに電車を降りる時にいつも大体左足を踏まれていたような。。。ってことは右足を先に出して左足を残しているから左足を踏まれる率が高いのか!!!

 

 って感じで私がいつも右足から歩み始めている事が分かりました。別に自分がどっちの足から踏み出しているかなんて知りたくもなかったのに思わぬ形でそれを知る事になりました。

 

 

 満員電車が消える日が来たら良いなぁ。。。そうしたら左の踵が踏まれないで済むのに。

 

 

 

  それでは。